マッサージ効果のある水泳は体を引き締める

もしすでにセルライトが付いてしまっている体であれば過度な運動は逆効果になります。運動をすることでセルライトが硬くなり取り除いていくことが困難になってきます。エステにいって高額な費用を払ってマッサージや専用マシーンで脂肪吸引をしてもらわないと取り除けないほどになります。

しかもセルライトがついた状態での運動というのは実は足腰、足首に大きな負担を与えてしまいます。

でも、そんなセルライトがついた状態でも体に負担なく引き締め効果のある運動の一つが水泳です。水泳は下半身を引き締めたい女性にとって一番の運動とも言えます。脂肪を燃やすためには最適なエアロビクスです。

しかも水の中で浮遊力がかかるので体全身の筋肉を利用するのに関節などに負担をかけることがありません。陸上で行う運動はどうしても地に足がついて衝撃がかかってしまいます。しかし、水の中であれば重力がかからずに筋肉を動かす運動を行っても負担が少なくなるといった理屈です。

そして水中では前に進んでも後ろに進んでも水の抵抗を受けることになります。実はこれがウォーターマッサージ効果に繋がります。ウォーターマッサージは血行を良くして、体の引き締め効果バツグンのマッサージ方法です。専門的に行かなくても市民プールなどで簡単に同等レベルの効果を実感できる水泳は女性にとっても最適な運動となるのです。

泳ぎが得意でなくても水の中で歩く、ストレッチをするだけでも実感力はありますので泳げない、水が嫌いな人でもそこまで億劫になる必要がありません。楽しみながら水の中で動きまわりましょう。

セルライトない人は自由にスポーツOK!でも注意点を…

体型にコンプレックスがあってもセルライトがついていない人であれば地に足のついた運動をしても問題はありません。しかし、注意点があります。

それはあくまで適度な運動に収めることです。過度な運動は消化酵素を多く消費するNG行為になります。ダイエットで運動が良いといえば激しい運動をイメージする人も多いですが誤った知識です。激しい動きは一見すると消費カロリーなども増やして良い感じに見えますが、体への負担も大きく余計な筋肉がつきやすいといったデメリットも存在しています。

また酸素の消費量が多いと活性酸素の発生量も増加する傾向にあるのが人間の構造です。

活性酸素は老化を早める原因にもなっています。適度な活性酸素は体にとって必要がですが増えてくると害悪でしかありません。

MENU

Copyright (C) 間違いだらけの美脚術〜本当の方法おしえます! All Rights Reserved.